鳥取県からの引越し見積もり|安くする方法

鳥取県から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、鳥取県から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

鳥取県から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

鳥取県から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
このページの下の方にある、各引越し先別のページからごらんください。

 

鳥取県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
鳥取県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
鳥取県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
鳥取県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、鳥取県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越しの料金相場ってだいたいどのくらいなんでしょう?引越し料金に定価とか相場ってあるんでしょうか?いくつかの業者に料金を聞いてから引越し業者を選ぶのがよいのではないでしょうか。なぜ引越しの見積もりが必要なのかというと、引越し料金の見積もりを比較することで、どの引越し会社が安いか、どんなサービス内容になっているのか、比較することができます。料金見積については、だいたいどこの業者でもやっています。引越し見積もりのやり方としては、最近は、インターネットなどで簡単に依頼ができます。すると引越し会社の担当が来て、料金を計算してくれます。引越しの見積もりの方法は、基本的にどこの業者も似たようなものですが、荷物の量は全部でどのくらいなのか、引越し作業はどこまでを業者が行うのかなどを確認します。その他にも、新居までの距離ですとか引越し先の搬入経路の確認など、といったことなどを総合して見積もりをしてくれます。見積書をもらったら、各社の見積もりを比べて契約する業者を決めるのですが、何社か見積もりをしてもらうことで、同じようなサービスであっても値段で判断して選ぶことになりますし、金額にそれほど差がなくても対応やサービスのよさを比べて選ぶことができますので、引越し見積もりは比較をして選ぶことで、お得に引越しすることができるようになりますね。

 

■引越しの見積もり比較
引越しの料金は見積もりを比べるとよいです。引越しの見積もり比較では、どんなところがチェックポイントになるかといいますと、まず、見積もりを比較する場合には、金額で比較するのは金額の他にもサービスの面でも比べておくことが大切なことです。といいますのは、引越し業者から見積書を出してもらったら、同じ引越しプランの場合でも、ダンボールやガムテープはどれだけくれるのかとか、ハンガーボックスなどもあるのかとか梱包材料はどんなものまで含まれるかも各社の見積もりを比べる場合には注意してみるとよいでしょう。業者によって、引越しの見積もりをすると、特典として何かもらえるとか、そういう会社もあったりしますし、タンスの中身はそのまま出さなくてもよいこともありますし、タンスの中身を出さなければならないこともあります。引越しの見積もりをしてもらったら何社かに見積もりをしてもらって、金額やサービス内容を比べてみるのがいいですね。数社から見積書を出してもらうことによって、金額が安いのはどこであるか、その引越し会社がサービス内容がよいのかが、比較検討することができます。といったことで、引越しの見積もりをしてもらってそれで終わりというわけではなくて、何社かの見積もりを比べて選ぶと損をすることがありません。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金がどうなっているのかということについてなんですが、引越し業者の料金はどんなふうにきめているかといいますと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから料金を計算しています。はじめに引越し料金の運送費ですが、運送費に含まれるのは基本的に運賃と作業料です。荷物を運ぶトラックの大きさや作業時間はどのくらいかかるのかどのくらいの距離荷物を運ぶのかによって、引越し料金の価格は違ってきます。引越しのトラックが大きければ大きいほど引越し料金の金額は高くなりますし、さらに、使用するトラックの台数が多くなるほど引越し料金は高い価格になりますし、当然ですが、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は高くなりますし、さらに人件費といいますのは、これは引越しの作業をするスタッフのことで、引越し業者のスタッフの数が多ければ多いほど引越し料金は高い価格になります。そして梱包費と交通費なのですけれど梱包費については、梱包資材や梱包作業が含まれています。交通費といいますのは、高速や有料道路の料金ですから使わなければかかりません。もう一つ保険料についてですが、業者によって有無を確認しておくといいと思います。何か傷がついたりトラブルがあったときに保険に入っているか入っていないかは重要なポイントになります。引越し業者の料金は主にこれらの合算になっています。引越し料金は、同じようなサービスでも業者によってけっこう違いますので、3社くらいを比較をしてお得な業者を選ぶのがよいと思います。

 

■引越しのオンライン見積もり
引越しのオンライン見積もりについて紹介したいと思います。インターネットでの引越し見積もりの方法はといいますと、これを使うには、住所やメールアドレス、その他必要事項を入力すると一度入力をするだけで同時に複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがこのインターネットサービスのよいところです。多くの引越し業者に自分で見積もり依頼の連絡をするのはなかなか大変ですが、このシステムを利用すれば一度の作業で全部できてしまうので、今、オンラインの一括見積もりは大変人気があるといわれています。残念ながらこの見積もりを利用しただけでは、だいたいの目安としての料金だけで、具体的な引越料金を見積もりしてもらうには、実際に荷物や搬出方法などを確認して、計算して見積をしないとできません。オンライン見積もりのメリットとしては、自分でたくさんの引越し業者に見積もり依頼をしなくてもよいという点で、自分が知らなかった引越し業者からも見積もりをもらうことができます。複数の引越し業者を比較することによって最もお得に引越しができる会社がわかりますから、一番お得な会社を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は会社によってけっこう差がありますから、引越し業者を決めてしまう前にぜひ使うとよいです。

 

■引越し業者の種類
引越しはそんなに頻繁にしないので引越し業者といってもよくわかりません。引越し業者といってもとてもたくさんの業社があります。例えばテレビCMをやっているような大手の引越し業社だったり特定の地域でとても評判のよい業者などもあります。その他にも、軽貨物運送業者もあると思います。たくさんの会社が引越し業社にはありますがどの引越し業社を利用するのがよいのかは自分の引越しに合わせて選べばいいと思います。例えば、学生などの引越しの場合では、最近は、家具や家電がすでに用意されているような賃貸物件もありますので、そのような場合には大手の引越し業社を頼む必要はなくて、宅配便でダンボールをいくつか送れば済んでしまうこともあるでしょう。他にも、会社の独身寮に引っ越しをする場合も、多くの運送業者で単身パックのようなサービスがありますので、そちらを頼めばスムーズに単身の引越しができるのではないかと思います。このように、引越し業社は単身なのか家族なのかといったことや選ぶとよいのではないでしょうか。引越し業社を選ぶときには、色々と比較して選ぶといいのではないかと思いますから、料金の比較をするとともに、ダンボールや梱包材料をくれるかなども確認して一番条件のよい会社に依頼するのがよいですね。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者やプランの選び方についてですが、自分の引越しのスタイルによって、引越し業者や依頼するサービスの選び方も違います。例として、家族で引越しをする場合ですが、家族の人数が多いとそれだけ、荷物の量も多くなるのがふつうですから、引越しも大変です。子供がいる家庭の引越しも、大変ですよね。家族全員で引越しをする場合は、それだけの作業量をこなす人数がいるかどいうかで、引越し業者を選ぶという方法があります。子供がまだ小さい家庭ですとか、高齢のお年寄りがいる家族の引越しでは、子供や高齢者の引っ越し準備もしてあげなければいけませんし、仕事をしていれば職場の引越しの準備もありますし、引越しの準備を仕事の合間に行うわけですからなかなかできないのが実情ではないでしょうか。このような状況であれば、全部おまかせコースとかいうような荷物の梱包など準備から引越し業者がやってくれるようなサービスがある引越し会社とそのサービスを依頼すれば、引越しをするのにも安心してできるのではないかと思います。また、単身赴任や一人暮らしの場合でしたら、荷物と言ってもそんなにないでしょうから、引っ越しの準備といってもそれほど多くないですし、引越し作業と言ってもそれほど大変ではないでしょう。単身引越しパックなどをCMしているような業者に依頼すれば、簡単で、料金的にも安く引越しをすることができると思います。一家そろっての引越しと違って、単身の場合は引越しもわりと楽なので、それでも、自分で全部やるより、単身パックのようなものを頼んだ方が楽です。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングってみたことありますか?どの引越し業者を選んだらいいかよくわからにという人にはとても参考になる役に立つ情報だと思います。引越し業者のランキングでポイントが高いところは、対応の悪い業者にはあまりあたらないと思います。このランキングは、どこで掲載されているかというといわゆる比較サイトというような、一括で見積もりできるようなサイトで掲載されているものです。例えば引越し業者のランキングでは料金が安かった業者のランキングですとかサービスやアフターなどの対応がよい業者や引越しの作業をするスタッフの態度がよかったかとか、テキパキと、的確に作業をしたかといった評価で、ポイントが高い業者順にランク付けされています。これから引越しをしようと考えている人は、どの引越し業者に頼んだらいいかわからないという人が多いと思いますけれど、そう思っていたら、このランキングを参考にしてみると、良心的な価格で仕事も丁寧な業者を選ぶことができると思います。ランキングといっしょに、利用者の感想なども書かれているものもあり、実際に利用した人の率直な感想が書かれているので、実際にどうなのかということがよくわかるので、参考にするといいでしょう。

 

■引越しの追加料金
引越し業者を頼む場合には追加料金というのは通常は、発生することはないはずです。見積もり、契約をした時点で決定している料金がすべてです。ですから契約をした後に追加で料金が発生するといったことは基本的にはありえないのです。ですが、引越しの場合によっては、見積もりをした時の荷物の内容や量、引越し先の前の道幅や搬入経路などが見積もりをした条件と違っていて、追加の費用が必要になる場合もあります。見積もり時に確認した内容と違い当日、トラックに積み切れなくて、積み残しになってしまったら、もう一度往復したり、別便を手配するなどして、運搬を完了させることが必要です。正しく見積もりの時に自分が伝えていなかったせいで、当日の作業内容に大きく追加が加わるような場合は、追加料金が必要になることもいたしかたないでしょう。また、予定された時刻になって、荷物を運ぼうとしてまだ梱包作業ができていない状態で、引越し業者がほとんど手伝ってしまった場合などでもそのための料金が追加されることもあります。追加料金の確認も見積もりの際には確認しておく必要もあります。引越しの当日にあわてないようにするためにも、追加の費用がかからないようにするためにも、荷造りなど、引越しの準備は、前日まで済ましておくのがよいです。

 

■単身引越し
単身赴任などで一人で引越しする場合は、単身引越しパックのようものが便利です。独身者や学生など、自分ひとりで引越しですと、家族の引越しとは、また違ったところに要望があります。独身者でしたら、ふつうは家具や家電もそれほど大きなものはないですし、荷物も自分の分だけですから、それほど多くならないでしょう。自分一人で引越しする場合は、家族プランのようなダンボールなど梱包材の無料サービスといったものもそれほど必要としないかもしれません。それより引越し作業にかかる料金をもっと安い価格にしてもらったほうがありがたいのではないでしょうか。自分一人でひっこしするなら、荷造りなんかもわりと簡単で大丈夫でしょうし、荷物を運ぶ引越し業者のトラックの助手席に乗って行くことができるというサービスのほうがありがたい人も多いでしょう。単身赴任や独身者の場合にはそれ用の、また、学生の入学などの場合にはそれに合ったような、引越しのプランを探して引越しをしたほうが価格的にも安いと思いますし、それ用のコンテナなども用意されているので便利だと思います。いろいろな引越し業者が単身引っ越しパックをあるのではないかと思いますので、一度、各社の内容を見比べてみて、単身、学生一人暮らしの引越しプランでこれが一番よさそうというものを頼んだらいいと思います。単身の引越しは家族向けの引越しに比べてわりと安い料金で引越しできるでしょう。

 

■引越しのらくらくパック
引越業者のサービスにらくらくパックというのがありますが、引越しのらくらくパックというサービスはそれぞれの引越会社にあると思いますが商品名ですとかサービス内容も少々違っているかもしれません。例えば、ヤマト引越センターでしたら、引越しらくらくパックという名前ですけれども、日本通運はゆうゆうこんぽという商品名だったかと思います。松本引越しセンターはおまかせコースだったかと思います。引越会社の作業員が荷物の梱包作業から搬出から、搬入まで荷解きから家具の設置までやってもらえるという文字通り、らくらくに引越しができるサービスというのがらくらくパックと呼ばれているものです。引越しをすべて任せることができるらくらくパックですが梱包する前の荷物の整理や仕分けなどについては、依頼者側でしておかなければなりません。引越しのらくらくパックの荷解きまでやってくれるサービス内容であっても梱包を解体してダンボールなどは片づけてくれますが、それ以降の荷物の片づけなどは自分がすることです。しかし基本的な引越プランと比べて手間の分だけ料金は高くなりますが、引越し業者のスタッフがほとんどやってくれますので実際に、楽に引越しができるのは間違いないですね。小さな子供がいる人などは引越の準備もなかなかできませんから引越しのらくらくパックを利用すると便利でいいかもしれませんね。

 

鳥取県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
鳥取県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
鳥取県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
鳥取県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、鳥取県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
自分で引越しをやろうと思っている人も、一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越し屋さんを使わずに自分で引越しする場合の、メリットとデメリットについて一応考えておくのももよいかと思います。最初に、引越しを自分で行う場合のよいところとしては当然ですけど、引越し業者に支払うお金が必要ありませんから、引越しにかかる費用が安くなります。その他にも、自分で引越しをしたほうが気分的に楽なこともあるかもしれません。引越し業者を手配した場合では、初めて会う引越し屋さんのスタッフに、どうするのかいろいろと説明したり自分の荷物を運んでもらわなければいけませんから、気にする人の場合は気分的に楽ではないかもしれません。その点、自分で引越しをする場合は、家族や友達同士で引越し作業をするわけですから、楽しいというメリットもあります。引越し業者を頼まないで引越し作業をするのは、メリットだけでなくこまったところもあります。引越し業者を使わない場合のデメリットは、もしかすると引越し業者に頼むより高くついてしまったということになることもありがちなのです。例えば友達に手伝ってもらって食事をごちそうするなり何かでお礼はしますから、車もレンタカーなどで借りたりして、実際にやってみると、引越し業者の料金よりお金を使ってしまったなどということになってしまうこともよくあるようです。それ以外にも、家族や仲間内で引越しをやる場合には、引越し業者のスタッフのように、それなりに教育された専門スタッフではないので、素人が引越しをするので、家具や荷物を傷つけてしまったり、アクシデントもいろいろとあると思います。ということもありますので、引っ越しを自分ですることは安く済む場合もありますがデメリットもありますから十分検討して考えるといいでしょう。

 

■引越しの手順
できるだけスムーズに引越しを済ませるために大切なこと。できるだけスムーズに引越し作業をすすめるために、なるべくスムーズに引越しを進めるためのコツというものがあります。まずはいつ引越しをするのか、段取りをするといったプランがしっかり立てられていることが効率よく引越しをするためには大切なことになります。引越しの段取りがしっかりと決まっていれば、費用や手間を省くこともできますし、引越しが上手くいくのではないでしょうか。なにはともあれ、まずはどこから手をつけるかといえば、引越しプランをきちんとつくってみましょう。引越しの日取りやそれから引越し業者も決めておかなければなりません。当日の大まかな時間配分なども計画しておきことが必要です。引越しのプランをきちんと立てることで引越しが効率よく終わるかどうかはかかっているのではないでしょうか。引越しの計画が立てられたらその次は、すぐに荷造りではなくて、その前に、必要なものといらないものを分けて、いらないものは整理するという荷物の量を少なくする下準備が必要です。ある程度荷物の処分ができれば荷造りも少ない時間でできます。ますは整理をしてから始めないと荷物の仕訳をしながら荷造りをすることになって時間ばかりかかってしまいます。さっさと荷造り作業を終わらせるためにはある程度のいらないものを処分することが必要です。そして引越しの当日になって、荷物を今までの家から運びだし新居に搬入して搬入後の荷物の後片付け、といった順に引越しの手順は進みます。その他にも、引越しする前にご近所へのあいさつですとか引越し先への挨拶などいろいろあるのでやっぱり計画はしておきましょう。

 

■引越しの計画
引越しではしっかりと計画をしておくことが一番重要ということができます。この引越しの計画がしっかり立てられていないと効率よく引越し作業ができません。段取りよく引越しを進めるためにもあらかじめ引越しの計画をしっかりしょう。例えば、いつ引越しをするかですが、引越しの時期というのも関係してきます。例えば月月は転職や入学、就職によって引越しが集中する時期で料金もアップしますし、サービスレベルが下がったり引越し予定日に空いている引越し業者がなかったりします。なので、引越しの予定はできるだけ早めに決めておいてできるなら繁忙期はやめておくほうが賢明でしょう。それから、時間によっても変わります。引越しについては、時間帯が遅くなれば遅くなるほど安い料金になることがありますので、自分がいつ頃引越しを考えているのか遅い時間に予定してみるのもよいかもしれません。ある程度の引越しの計画ができたら、さっそく引越し業者を数社選んで引越しの見積もりをしてもらいましょう。各社から見積が出そろって比較ができれば引越し業者も決まると思いますから、大まかな引越しの計画が立つと思います。依頼する引越し業者と日が決まってしまえばそれに合わせて準備をしていけばよいかと思います。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物はなるべく少なくしておくのがいいと思います。引越しというのは持ち物を整理するいい機会でもあります。そして、荷造りに取り掛かる前に、引越しの荷物のある程度の仕分をあらかじめしておくことで引越しの荷造りはスムーズになります。最初は、まずは、洋服から整理しましょう。ほとんど着ない洋服、古くて着なくなった洋服を処分することで荷造りの作業も早く終わるのではないでしょうか。そして引越しの準備をしてるときに不用品が出てきた場合には、不用品の処分方法についても考えましょう。例えばリサイクルショップにもって行くのか、粗大ごみの処分はどこに持っていったらいいのか不用品の処分についてもあらかじめ仕分しておけば荷造りの時になってあわてなくてすむと思います。電化製品などの場合には、リサイクル法で決められた処分方法をしなければいけませんので、使用する電化製品処分する家電などの整理も事前にやっておくとよいでしょう。引越しの荷造りを始める前に荷物の整理をしておくと荷物の量を少なくしておくことができますので、てきぱきと荷造りもできますし、引越しをすることになったら、できればすぐにでも、荷物の整理に取り掛かるとよいと思います。

 

■引越しの荷造り
引越しをするときの荷造り方法についてなのですが、引越しの荷造りのポイントとして梱包方法に気をつけましょう。梱包は最近では引越し業者に頼む人もいますが、自分で引越しの荷造りの梱包を行う場合には、色々なポイントがそれぞれの梱包をするものによってありますから、どんなものがありかといいますと、皿やグラスなどワレモノを梱包する場合に、引越し業者がやってくれるなら、壊れやすいものは出来れば引越し業者任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包のやり方も違いますから割れないような梱包をしてもらうことが引っ越し業者なら出来ると思います。食器の梱包を自分でする場合には、引越し業者がくれる梱包材を利用するとよいです。引越しの荷物には自分で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも無くしてしまったときにたいへんなことになってしまうような貴重品などは自分で持って行かなくてはなりません。例えば高い宝石や装飾品など実印や預金通帳などもちろん現金もそうです有価証券や権利書なども自分で持っていくべき荷物になると思います。荷造りをする場合には、何がどこに入っているのかわかるようにマジックなどでわかりやすく書いておくと、またどこの部屋に運ぶのか書いておくのが荷物を片づける作業もはかどると思います。

 

■引越しの当日
引越し当日の作業については、引越し業者の人が主にやってくれますが、こちら側も、自分たちなりにすることはたくさんあります。もちろん、引越し業者に指示をしてあげることで、引越しが効率よくに進みます。例えば大型家具などは先に、配置図を引越し業者に渡しておくとスムーズに大型家具を設置してもらえて便利かもしれませんし、あるいは、図に描いておくということまではしなくても、現場で配置を指示してやることによって作業が効率よく進みます。引越しの当日は作業がスムーズに進むように、あらかじめ大まかな当日の作業予定や終了時間確認、ダンボールなどを先に玄関先に出しておくなどしておけば、無駄な時間を使わず作業をできます。もしも特殊な物を持っていく場合には、前もって引越し業者に確認をしてその引越し業者で運べなければ、別の業者に頼まなければいけませんからそちらも引越しをする前に頼んでおかなければなりません。引越しの当日は運んでもらえばそれで終わりだと思っている人もいるかもしれませんが、実際には引越しのその日も色々と引越し業者に指示を出したりといったように、引越し作業が効率よくにいくように依頼する側も引越し業者を手伝う必要があるので何かとたいへんだと思います。

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しの時に必要になるものにはどんなものがあるでしょう。荷物を梱包するあたりから準備を始めると思いますが、やはり、誰でもまずダンボールは必要だと思うでしょう。ダンボール箱は必ずといってもいいほど引越しには必要ですがもちろん、それも、人によって違いがあるかとは思いますが、だいたい人家族の引越しで箱くらいは必要なのではないかということのようですので、そのくらいは、準備をしておけばよいのではないでしょうか。ダンボール箱は、最近ではだいたいの引越し業者が、引越しを頼めば、必要数無料サービスしてくれますので、自分でどこかからもらってきたりする必要はありません。その他にも、ワレモノなどを梱包するのに、クッション材とか、プチプチなども必要ですね。これもわりとくれる引越し業者が多いですし、ワレモノを梱包するのにつかっておきましょう。グラスやお皿などを梱包するためには、新聞紙も必要です。新聞紙は引越しの梱包に色々と使えますからわりと多めに用意しておいた方がよいかと思います。ダンボール箱をつくるためのガムテープもダンボールといっしょにくれる引越し業者が多いです。他にも引越しの梱包の際にはカッターナイフやハサミも必要ですし、軍手も持っておいた方がよいですね。そして、梱包した荷物に、引越し先のどの部屋に置くのかということを書くためにマジックインキがあったほうがよいですね。

 

■引越しと防震
地震対策をするには引越の時にやるといいですよね。ここ最近では、主な引越の会社さんでも引越時に家具の防震対策もしてくれるというサービスが用意されている業者も多くあります。防震、免震のグッズなども、いろいろと引越会社では用意しているようです。その中には、引越しの際に家具を設置したあとに地震があったのために家具を固定しておく転倒防止ようの金具などもありますし、家具を置く下や家具を積み重ねる間に滑らないシートを敷いておくというグッズもあります。引越が終わってしまってから地震対策グッズを取り付けるのは大変な場合もあります。引越の忙しいときに、そんなものを自分で準備するのも手間ですし、引越し業者に頼めば、荷物を配置するときに一緒にできますから便利で楽です。このようなサービスは、引越会社によって、対策の方法や使う器具なども違いがありますし、サービスの値段も違いがあるかとは思います。主な引越会社はホームページがありますので、そこに対策の方法や使用する器具などの説明もたいていは掲載されているはずですから一度そこを見てみて、サービス内容を比較してみましょう。引越しを機会に地震対策に努めるということはやっておいたら安心なのでよいですね。地震対策については引越し業者もそれほど勧めるわけでもないので、やっておきたい場合は、こちらから依頼をしておくことが必要です。

 

■引越しの各種手続き
引越しが決まったら、電話ですとか、電気、水道、ガスの手続きについてちょっとメモしておきたいと思います。最初に、遠くに引越す場合には、新しい電話番号に変わりますので、なるべく早めに116番に電話をして、新しい番号への変更手続きなどを行います。電力については、引越しが決まったら、電力会社に連絡をして、移転の手続きをしておきます。電力会社が変わる場合には、同じく、電話をして、申込み手続きをしておきます。引越しのガスの手続きですが、同じく連絡をして、引越しのための手続きをしておきます。引越し先のほうの手続きでは、その地域のガス会社の窓口に連絡をして新規契約の申込みをして入居美になったら、係員が来て検査などをしてくれますので、ガスが使用できるようになります。引越しが決まったら、水道局には、引越しをするちょっと前に水道局に移転の手続きをしておかなければなりません。新居のほうの水道局にも連絡して入居日に水道がでるように手続きをします。ライフラインや通信の手続きはこんな感じですが、こういったもろもろの手続きは、アパートや賃貸マンションの場合ですと、不動産会社がやってくれる場合があるので、自分で電力会社などに手続きをする必要がないこともあり、また、新居が新築の場合などでは、このほかの手続きが必要になることもありますので、不動産の契約やライフラインの手続きの際に個々に確認しておく必要があります。

 

■引越しの色々な手続き
引越しの手続きというのも、意外といろいろありますね。住民票の移転などの役所に届ける手続き以外にも、例えば、今新聞をとっている場合ですと、それから、銀行などにも住所変更の手続きしておくことも他にも、保険にもいろいろ入っていると思いますが、忘れずに、住所変更の手続きをしておく必要があります。一般に、入っているのは、基本的には、生命保険や自動車保険と思いますが、ガン保険とか、養老保険とかいろいろあったりしますので、それらも、住所変更の手続きが必要なので忘れないようにしておきましょう。また、引っ越しの際には、郵便物の転送手続きも必要ですね。郵便局に行くと用紙がありますので、転居届を出しておくと、現在の住所に送られてくる郵便物があったら、一年間、自動的に新しい住所に配達するようにしてくれますので、とても助かりますから、忘れずにやっておく必要があります。まだ他にも携帯電話も住所変更をしなければいけませんし、インターネットの回線の工事は、季節によっては込みあいますので、早めに手続きすれば、引越ししてすぐインターネットを使えるようになりますのでやっておきます。

 

 

■鳥取県の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
鳥取市役所  〒680-8571 鳥取市尚徳町116番地 TEL:0857-22-8111(代表)
米子市役所 鳥取県米子市加茂町1丁目1番地 代表番号:0859-22-7111

 

【電力】
中国電力 鳥取営業所 0120-181-210

 

【ガス】
鳥取ガス株式会社 0570-04-8811 ナビダイヤル
米子ガス 0120-475-002

 

【水道】
鳥取市水道局
水道局国安庁舎料金課料金係 (0857)53-7922
河原営業所 (0858)76-3118
青谷営業所 (0857)85-2526

 

米子市水道局…電話:(0859)32-6111

 

鳥取県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
鳥取県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
鳥取県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
鳥取県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、鳥取県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド